指揮者: 橋本徹雄 先生のプロフィール


 1969年、大阪音楽大学音楽学部卒業。 1976年・1977年、オーストリア・モーツァルテウム音楽院で指揮法を学び、ディプロマを習得。 大阪で開催する異なったテーマによるオーボエリサイタルシリーズも15回を数え、高い評価を得ている。

 また、関西フィルハーモニー管弦楽団、大阪市音楽団をはじめ、プロ・アマチュアのオーケストラや吹奏楽団・合唱・オペラなどを指揮し、幅広く活躍している。 

 これまでに旧大阪交響楽団(大阪フィルハーモニー交響楽団の前身)の指揮者を、高松短期大学の講師を勤めた。

 現在、関西シティの名誉指揮者。高石市民音楽団の指揮者。和歌山大学交響楽団音楽監督。 1997年よりニューフィルハーモニック大阪の音楽監督。 プティ・バロックアンサンブル主宰。日本演奏連盟会員。高石市文化協会会長。高石市民音楽団顧問。 たかいし市民文化会館アプラホールアドバイザー。大阪音楽大学講師。日本オーボエ協会理事。